メガネをかけていると、最初はしっかりフィッティングしてもらったものでも段々使っているうちに歪みや変形が少しずつ起こってきます。

 

いつの間にかメガネはずり落ち、鼻あての部分が鼻の根元あたりにめり込んでしまいそれによって頭痛や目の疲れを感じる人も居るでしょう。

 

また、鼻あてが跡になって残りシミになることもあるのでなかなか厄介なのですがメガネをかける多くの人が経験しているんですよね。

 

でも、我慢する必要はないんですよ。鼻あての材質の種類も変えられますし、鼻あてをカバーするグッズもありますから。

 

そこで、このページではメガネの鼻あてパッドの種類や対策グッズについてご紹介したいと思います。

「眼鏡の鼻あて部分が圧迫されて痛い・跡がつく時の対処法」の続きを読む…

別に目が良くても、ファッションアイテムの一つとしてメガネをかけるのも良いですよね。

 

それだけでお洒落にもなりますし、いつもとは違う自分を演出することも出来るでしょう。

 

でも、それが原因で視力低下につながったり疲れ目になることが多々あるので気を付けたいものです。

 

このページでは、目が良い人が伊達メガネをかけると視力低下や疲れ目につながる原因と対処法についてご紹介したいと思います。

「目が良い人が伊達メガネをかけると視力低下・疲れ目になる?」の続きを読む…

最近はパソコンを日常的に使う人が多いので、若い世代でも眼精疲労になる人が多くなっています。

 

色々な対策がありますが、長時間パソコンを見ることが多いという人向けに眼精疲労型の累進屈折レンズが販売されるようになってから流行しています。

 

パソコンを見ているとどうしても目が疲れてしまう…という人は普段用のメガネとパソコン用のメガネを使い分けるのも良いですが、一つのメガネで奥の方も近くも見える累進屈折レンズを導入してみるのも良いでしょう。

 

このページでは、眼精疲労型累進屈折レンズはどんなものか、遠近両用レンズとの違いなどについてご紹介したいと思います。

「眼精疲労型累進屈折レンズとは?遠近両用との違いは?」の続きを読む…

最近前よりもまた目が悪くなったな…今まで合っていたメガネが合わなくなってきた気がする…

 

そんな時、

▶「念のため眼科に行くべきか」

▶「それともただメガネを調整してもらうために真っすぐ眼鏡屋さんに行くほうが良いか?」

一体どちらに行くほうが良いのか迷ってしまうこともあるでしょう。

 

どちらでも視力検査は行えますが、眼科を受診すればそれだけ診察料がかかりますしかと言ってメガネ屋さんだともし眼病か何かが原因で視力が下がった場合発見するのが難しいこともありますからね。

 

そこで、このページでは視力低下時にメガネを作るなら眼鏡屋さんと眼科のどちらに行くべきか?について詳しく解説したいと思います。

「視力低下時にメガネを作るなら眼科と眼鏡屋さんどっちに行くべき?」の続きを読む…

最近なんでこんなに目が疲れるんだろう…?

 

そう感じることが多くなった人は、もしかすると老化の影響があるのかもしれません。

 

一定の年齢を過ぎると、老眼が原因で眼精疲労が起こることで知られています。

 

まだ老眼の年齢じゃないんじゃ?と思っても、早い人だと30代後半くらいから老眼が徐々に始まっていく人も居るので気を付けたいですね。

 

このページでは、老眼が原因で起こる眼精疲労の対策についてご紹介します。

「老眼が原因の眼精疲労は治療の一環としてメガネの使い分けが大事」の続きを読む…