眼精疲労の吐き気の原因と対処法。市販薬は神経性胃炎に効く物を選ぼう

目が疲れたな~と感じると同時になんだか気持ち悪い…目の疲れも辛いですが吐き気も苦しいですし食欲不振になりがちで体重が減ってしまうこともあります。
そうなると、回復するのも大変になるのでその原因と対処法を知っておきましょう。

 

どうしても辛い時は、あまり無理せず市販薬を取り入れてみると良くなることがありますよ。

 

このページでは、眼精疲労からくる辛い吐き気の原因とその対処法についてご紹介します。

スポンサーリンク

市販薬の選び方

 

眼精疲労からくる吐き気の場合、胃腸自体には問題がないことが多いので普通の胃腸薬よりも神経性胃炎に効くような胃腸薬を選ぶと良いと言われています。

 

薬局に行って相談すると提案されることの多い代表的な市販薬は以下の通りです。

 

  • アルピタン(小林製薬)

頭痛、めまい、吐き気などに良い薬。
飲み過ぎなどで起こる頭痛にも良いです。

五苓散の他に、タクシャブクリョウチョレイケイヒビャクジュツなどの生薬がバランスよく配合されています。

漢方が配合されているものは体力に合わせて選ぶ必要がありますが、こちらは体力に関係なく誰でも飲むことが出来ます。

 

  • サクロンQ(エーザイ)

局所麻酔薬であるオキセサゼインを含む薬。
オキセサゼインは胃粘膜に直接働きかけるので胃酸の分泌を抑え、神経の刺激もブロックするのであらゆる腹部の不快感、吐き気、嘔吐などに良いとされています。

ムカムカした気持ち悪さをすぐにでも治したいという人におすすめ。
胃痛や腹痛にも良いです。

 

  • セルベール(エーザイ)

風邪薬などで胃が荒れやすい方、もともと胃があまり丈夫でないという方向け。
テプレノンが胃粘液を増やすことで、胃粘膜をあらゆる刺激から守ります。
胃もたれや胸やけ、吐き気、嘔吐などに良いです。

すぐに溶ける粒タイプで飲みやすいので、ちょっと吐き気を感じそうな時に飲むとすぐに落ち着くでしょう。

 

  • 太田漢方胃腸薬2(太田胃散)

ストレスを日頃から感じやすい方向け。
自律神経の乱れを整えてくれる安中散、精神を落ち着かせてくれるブクリョウが配合されているので食べすぎでも飲み過ぎでもないのに不調を感じる方に飲まれています。

心配事や悩み事によって胃が痛くなってしまう神経性の胃炎、いつも胃の調子が悪い感じがする慢性胃炎どちらにも効くタイプ。

 

  • 半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)

ストレスが胃腸に来やすい方向け。半夏瀉心湯エキスがたっぷり。
みぞおちがつっかえる、吐き気を感じる、嘔吐、下痢などに良いと言われています。
ツムラやクラシエ薬品などから出ています。

半夏瀉心湯を構成する主な生薬は7種類で、半夏、黄連、黄ごん、大棗(たいそう)、甘草、人参、乾姜(かんきょう)などです。

ーーーーー

胃を守る成分、胃の働きを良くする成分などがストレスからくる不調や吐き気などを抑えてくれるものが多い印象ですね。

 

後は、その時の症状に合わせてドラッグストアなどであれば薬剤師さんに相談するのも良いでしょう。

 

薬剤師さんによってもおすすめの市販薬は違うと思いますし、それが自分の体調に合うか?症状改善につながるか?をしっかりチェックすることが大事ですね。

 

眼精疲労からくる吐き気の原因

 

眼精疲労によって吐き気が起こることがありますが、目が疲れているのになぜ吐き気が起こるのか?

 

詳しいことはまだ解明されていませんが、ストレスによる影響が強いのではと考えられます。

 

眼精疲労になるということは、目を酷使することで目周辺の筋肉が疲れた状態になっていますがそれと同時に首や肩も凝り固まり周辺の筋肉は委縮した状態です。

 

この緊張状態が血行不良を招き、それがストレスとなって自律神経の働きを妨げてしまいます。

 

これによって、脳にある嘔吐中枢という器官が刺激されることで吐き気を引き起こし気持ち悪くなってしまうようです。

 

・吐き気のメカニズム疲れが溜まって血行不良→体がストレスを感じる→自律神経の働きが悪くなる→脳と中枢を刺激→吐き気を引き起こす

 


吐き気にも種類がある

 

嘔吐中枢は、脳の器官の異常や消化器官の刺激、化学的な刺激のほかにもストレスによって刺激を受けることがあります。

 

軽い眼精疲労ならまだしも、長時間悪い環境で作業をしていると重い眼精疲労になり吐き気が頻繁に起こることも十分考えられます。

 

吐き気にも、

「なんだか調子悪いなと思いながらも時間とともに悪化し徐々に気持ち悪くなるタイプ」

「それまでは大丈夫だったのに急に気持ち悪くなるタイプ」

などがあると思います。

 

少しずつ気持ち悪くなるのであればちょっと休憩をしたりと対処することが出来ても、急に不調になるとそんな余裕がないことも…。
また気持ち悪くなったらどうしよう…という不安も更にストレスになります。

 

そういった場合は、いざという時のために普段使うバッグの中に常に市販薬を用意しておくのも良いでしょう。

 

辛い時に受診すると良い病院

 

市販薬を飲んでもあまり良くならず、症状も続くから一度病院に行ってしっかり治療したい。
そんな時は、眼精疲労が原因だとわかれば眼精疲労外来に行くのが良いと思います。

 

眼精疲労が原因なのかよくわからない時は、胃腸科内科を受診することをおすすめします。
眼精疲労と同時に胃腸で不調が起こっているかもしれないですからね。

 

それで何も問題がなければ、ストレスから来ていることが考えられるのでメンタルクリニックを受診してみるのも良いでしょう。

 

胃腸がもともと弱い人でなければ、特に体に問題がない場合はストレスの影響を受けている可能性が高いです。

 


辛い時は無理せず薬を飲むほうが良い

 

私自身、数年に一度というごく稀な機会なのですがかなりストレスが溜まった時に吐き気が続くということがあります。

 

多忙な日々が続いた後などに起こりやすく、午後から夕方くらいにかけてになるとなぜか徐々に吐き気がするようになり夜や朝はそんな症状は出ないんですよね。

 

病院で胃腸を調べても特に異常はないので、もしやストレス?と疑って体を積極的に休めたり頑張って健康的な食事を取るようにしていると気付けばいつの間にか自然と治っているという感じです。

 

数日という短い期間から一ヶ月くらい毎日続くことがあって最初はなんかの病気なんじゃないかと思ったりしていたんですが、今はその正体がおそらくストレスだと理解しています。

 

症状が辛い時はあまり無理せずに市販薬を飲んだほうが治りも早くなり、そこまで苦しい思いをせずに済むこともあります。

 

市販薬で良くなる程度であれば、ストレスの可能性が高いですが症状がずっと続いたり辛い場合は念のため一度病院でしっかりと診てもらいましょう。

 

それで何もなければ、健康だというのが確認できればその分気持ち的にも安心できますからね。

 

あとはストレスの影響を受けにくい体にするためにも、自律神経を意識して日頃から整えておくことも大事ですよ。

関連:自律神経の乱れは目の疲れに直結する?整える方法とは?

 

疲れ目対策にはこちらの記事もおすすめです。

★当サイトで人気「目の栄養補給・疲れ対策」のサプリメントの詳細はこちらです!

★ドライアイ・目の乾きが気になる人はレンズも一度見直してみることが大事ですよ

★疲れた目を癒し潤いを与えてくれる目薬・あると便利なグッズたちのご紹介

★参考になるおすすめの本と視力の低下を防ぐのにも役立つ優秀アプリのご紹介

★隙間時間に行いたい簡単なツボ押しと一人でもどこでも出来るストレッチのやり方

スポンサーリンク










スポンサーリンク