目が良い人が伊達メガネをかけると視力低下・疲れ目になる?

別に目が良くても、ファッションアイテムの一つとしてメガネをかけるのも良いですよね。

 

それだけでお洒落にもなりますし、いつもとは違う自分を演出することも出来るでしょう。

 

でも、それが原因で視力低下につながったり疲れ目になることが多々あるので気を付けたいものです。

 

このページでは、目が良い人が伊達メガネをかけると視力低下や疲れ目につながる原因と対処法についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

伊達メガネをかけると視力低下・疲れ目になる原因

 

目が良い人が伊達メガネをかけると目が悪くなる、目が疲れやすくなると言われるのには色々と理由があります。

 

必ずしも目が良い人が伊達メガネをかけると全員そうなるわけではないですが、主に次のような原因です。

 

視野が狭くなることに慣れる
メガネが歪んでいる
汚れが付いている

 

メガネをかけると、フレームがありレンズ越しに物を見るので裸眼と比べると少し視界が狭くなります。

 

一定の範囲内(レンズ内)で物を見ようとするので、その分使う筋肉が少なくなり目のパフォーマンスが下がることによって目が疲れやすくなります。

 

その状態が続くと、視力低下につながることがあるんですね。
筋肉の衰えからくる視力低下ということです。

 


雑貨屋で買えるメガネは歪みが多い

 

メガネの歪みは、どこでも買えるような雑貨の一種のような伊達メガネに多く微妙にフレームやレンズに歪みが生じていることが多いことによるもの。

 

ただファッション感覚でかけるのなら見た目重視でも良いのですが、ずっとかけていると歪みから段々耳や鼻の付け根が痛くなったり頭が痛くなったり疲れたり…といったことが起こります。

 

汚れに関しては、ちょっとした皮脂汚れがつきやすいのでレンズをそのままにしているとその分見えにくくなるので目を酷使しがちです。

 

普段メガネをかけている人でもけっこう汚れたままでメガネを使っていることってありますからね。

 

伊達メガネといえど、定期的なクリーニングメンテナンスは必要と言えるでしょう。

 

仮性近視になることもある?

 

目の緊張状態が続くと、視力が良くても仮性近視になることもあります。

 

仮性近視というのは、本当は近視ではないけれど一時的に近視状態になっていることです。

 

正常な状態の目、正視の場合は目の奥にある網膜上で焦点が合うようになっているのですが網膜よりも焦点が手前で合う状態が近視。

 

逆に、網膜よりも後ろのほうで焦点が合う状態を遠視と言いますね。

 

近くのものばかり集中して見ていたり、緊張状態が続くとこの仮性近視になりやすいと言われています。

💡近視と仮性近視の違いについて

近視は、目が奥行きに伸びて眼軸(角膜から網膜までの距離のこと)が長くなることで起こる軸性近視というものと、角膜と水晶体の屈折する力が強いことで起こる屈折性近視があります。

このうち、多くの場合は近視というと軸性近視であることが多いので一度伸びた眼軸を短くすることが出来ないので近視になったら元の正視の状態に戻すことはほとんど不可能です。

でも、ピント調節をする筋肉である毛様体筋を使い過ぎることで上手くピント調節が出来なくなり一時的に近視のような状態になってしまうことがあります。
これが仮性近視で、本当の近視ではないので元の正視の状態に戻すことが出来ます。

 


仮性近視の対処法

 

仮性近視は、視力が良い人が度の強いレンズのメガネをかけたりすることでも起こりやすいです。

 

一時的なものなので、目を良く休ませたり近くのものではなく遠くのものを見るように心がけたり…目の体操をすることで元の正常な視力、正視に戻ることも多いです。

 

目に良い体操については次の記事でもご紹介しているので参考にしてくださいね。

関連:疲れ目防止・軽減には目の体操を習慣にしよう

 

また、病院では点眼薬の処方がされます。

 

ミドリンMなどの調整麻痺剤を使って就寝前に点眼することで、ピント調節機能を弛緩させたり疲れ目用目薬を使ってピント調節機能を高めるなどの治療が一般的です。

 

眼科で処方される眼精疲労用・疲れ目用の目薬は次の記事でもご紹介しているので参考までに。

関連:眼精疲労で眼科で処方される目薬

 

ですが、そのまま特に治療もせず放置したり目を休ませることなくずっと緊張状態が続くと仮性近視ではなくいつの間にか本当の近視になってしまうこともあるんですね。

 


視力低下を防ぐには眼鏡屋さんできちんとしたものを買うこと

 

せっかく視力が良いのに、度が入っていなくても合わないメガネをかけたことによって視力低下につながってしまったら誰だってイヤですよね。

 

視力は落とすのはそんなに難しくないんですが、回復させるのは簡単なことではないですし一度落ちた視力は戻ってこないことのほうが多いですからね。

 

視力の低下は大体小学生くらいから始まり中学、高校くらいでピークになることが多いですが20歳位になると進行は止まることが多いです。

 

この20歳までの間に、一度仮性近視になってそのまま近視になり視力を落としていくパターンも多いんですね。

 

そのため、目が良い人が伊達メガネをかけること自体は問題ないと思いますが、雑貨屋さんで安く手に入れられるようなものよりもきちんと眼鏡屋さんでフィッティングしたものをかけるほうが良いでしょう。

 

眼鏡屋さんで作るメリット

 

眼鏡屋さんと言えば、視力が良くない人が度アリのレンズを買いに行くところのようなイメージですが度ナシのレンズのメガネももちろん売っています。

 

眼鏡屋さんでは、自分の顔の形や骨格に合わせたフレームが選べますしメガネやレンズ自体に歪みがないので疲れにくいはずです。

 

また、今は視力が良いから度アリのレンズは必要なくても将来的に視力が落ちた時に度アリのレンズが必要になることもあるでしょう。

 

そういった時に、フレームはそのままでレンズだけ度ナシのものから度アリに変えてもらうことも出来ます。

 


トータル的に考えるとコスパは良い

 

有料にはなりますが、気に入ったデザインのフレームがあれば長く使い続けることが出来るのでそういった意味ではトータル的に考えるとコスパは良いと思います。

 

雑貨屋さんで買った伊達メガネだと、規格外などでフレームは気に入っていても度アリのレンズは入れられない…なんてこともありますし寿命も違ってきますからね。

 

なので、目の為にも伊達メガネを購入しようと思ったらまずは眼鏡屋さんで自分の気に入りそうなデザインのものを探してみると良いでしょう。

 

きちんと自分に合うようにスタッフの方と相談し調節してもらって、ベストな状態で伊達メガネを使うことが出来れば将来的に視力低下や疲れ目になるのも防げるはずです。

 

普段の疲れ目対策・眼精疲労対策にはこちらの記事もおすすめです。

★当サイトで人気の「目の疲れ対策・栄養補給にも役立つ」サプリメントはコチラ~

★目の乾き・ドライアイが気になる人は使っているコンタクトレンズの見直しも大切

★疲れた目に潤いを与えてくれる目薬・あると便利な使えるグッズのご紹介です!

★参考になるおすすめの本・視力低下を防ぐのにも役立つ優秀なアプリのご紹介です

★隙間時間を利用して出来るツボ押し・どこでも簡単なストレッチの正しいやり方

スポンサーリンク










スポンサーリンク