眼精疲労でめまいが酷い時の対処法と市販で買えるお薬

時には頭痛や吐き気をもたらすこともあるめまいは、出来ることならすぐにでも止めたいと思うほど辛いことがあります。

 

足元がフワフワする…
ぐるぐる回転しているような気がする…
本当は揺れていないはずなのに体がグラグラ揺れているような不安定な感じ

 

仕事でそんな辛い思いはしたくないですし、プライベートでもせっかくの休みを台無しにしたくないですよね。

 

そこで、このページでは眼精疲労の症状の一つであるめまいが酷い時の対処法についてご紹介します。

スポンサーリンク

どうにも良くならない時に飲む薬

 

どうやってもめまいが治らない、辛い症状が続く…という時は薬を飲んでみるのも一つの手段です。

 

めまいは、頭痛や吐き気を抑える薬などと違ってどんなものを飲んだら良いかわからない方も多いと思います。
そこで、市販で買える薬でめまいに良いと有名なものをいくつかご紹介します。

 

市販のお薬

奥田脳神経薬(奥田製薬)

耳鳴りの症状、めまいの症状、肩こりの症状がある方に好まれている薬。
病院に行って検査をしたけれど何も問題がなく、原因不明の症状にも良いと言われています。

・鎮痛作用のあるチョウトウ

・疲労回復を早めるニンジン

・神経を鎮めるサンソウニン

・めまいや肩こりに良いテンナンショウ

・頭痛に良いシンイ

・神経を落ち着かせるインヨウカク

・頭痛を抑え神経を鎮めるサイシン

などが配合されています。

 

気上錠(剤盛堂薬品)

めまいや耳鳴り、眼科疾患に良いと言われる薬。
胃下垂や神経衰弱などにも同時に良いです。

・胃腸をサポートするカンゾウ

・熱を外に出し痛みを鎮めるケイヒ

・鎮静・滋養に良いブクリョウ

・鎮静・健胃作用があるビャクジュツ

・炎症を鎮め消化器系の働きを良くするオウバク

・消炎・止血作用があり気持ちを落ち着かせるオウレン

・抗炎症・不眠の改善に良いサンシン

・免疫力アップに良いニンジン

などが配合。

 

苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう) ツムラ漢方、クラシエ漢方など

グルグル回るタイプのめまいやふらつき、耳鳴り、頭痛、のぼせ、動悸、息切れ、神経過敏などに良いです。

めまいによって真っすぐ歩くことも困難、ストレスを日頃から溜めやすいという人にも良いです。

・滋養によく鎮静作用のあるブクリョウ

・胃の働き良くし鎮静作用もあるビャクジュツ

・体にこもる熱を外に発散させ痛みを落ち着かせるケイヒ

・胃腸の働きに良いカンゾウ

などが配合。

ーーーーー

市販のめまいの薬も漢方が配合されているものが多いですが、原因不明のめまいは耳鼻科でも漢方薬で治療をすることがあります。

 

病院に通うほどではないけれど、自分ではどうしようも出来ないくらい症状が辛い時は市販薬に頼ってみるのも良いでしょう。

 

より専門的な治療を本格的にという場合は、漢方での治療を中心にしている耳鼻科を受診してみるのも良いと思います。

 

病院で異常がないか調べる

 

めまいの原因も色々とあります。
自分では眼精疲労からくるめまいと思っていても、眼精疲労とは別に原因があるかもしれません。

 

原因がハッキリわからないのにとりあえずただ薬を飲んでも解決ないでしょう。
めまいの症状で受診するべき科は耳鼻科になります。

 

酷いめまいの原因は耳にあることが多く、その次に脳の疾患、その他が精神的なものであると言われています。

 

💡耳の原因は主に三つ

①メニエール病

内リンパ水腫とも呼ばれる病気で、三半規管という部分でリンパ液が増加することで炎症が起こるというもの。

リンパ液が必要以上に作られてしまうか、リンパ液の吸収が追い付いていないかのどちらかによるものですがその原因は自律神経が関係していると考えられます。

あとはホルモン異常、血行不良、ウイルス感染、リンパ液の循環異常などが考えられます。

 

②内耳炎と前庭神経炎

内耳炎と前庭神経炎が同時にある状態で炎症によって水が溜まっているような状態でメニエール病とも似ています。

原因は自律神経失調症、ウイルス感染など。

免疫力が低下している時に炎症が起こり、それがめまいとして症状に出ることが多いです。

 

③良性発作性頭位めまい症

頭の位置を動かした時にだけ、長くても30秒くらいのかなり短いめまいが起こる症状があります。

三半規管のリンパ液内にカルシウムで出来ている耳石が紛れ込むことで、耳石が動いた時に頭を動かしている感覚が伝わりめまいとして感じます。

頭を激しくうった時にこの耳石が耳石器という器官から出てくることがありますが、原因は詳しくはわかっていません。

 

めまいが酷い時は、まず一番最初に耳鼻科を受診して異常がなければ脳神経外科を受診しそれでも問題がなければ眼科を受診しましょう。

 

めまいだけでなく、同時にふらつきを感じたり動悸なども感じるようであれば精神的なものによる原因も考えられます。
特に自律神経失調症などでは、めまいやふらつき、動悸を感じることが多いです。

 

体のどこにも異常がなければ、極度にストレスが溜まっているなど精神的なものが考えられるのでメンタルクリニックを受診してみるのも良いでしょう。

 

日頃ストレスが溜まりやすい環境に居るなどで、自律神経が乱れやすい人は自発的に整える習慣を身につけるのも良いですよ。

関連:自律神経の乱れは目の疲れに直結する?整える方法とは?

 

ふわふわするのは酷い肩こりの影響も

 

ふわふわとするようなめまいの場合、酷い肩こりが原因で起こることもあります。

 

長時間同じ姿勢をしていたら誰だって少しは肩が凝るものですが、肩の一部を指圧して押してもびくともしないくらいにかなり凝ってしまうと、血行が悪すぎてそれでめまいが起こることがあるのです。

 

なので、出来れば長時間同じ姿勢にならないように肩を動かすようにしたほうが良いです。

 

毎日使うのは良くないですが、たまに温湿布を使うと割とすぐに血行が良くなるので肩こりの改善に良くめまいを防ぐことにもつながりますよ。

 

あとは、

適度な休憩

ストレッチ

入浴

ホットタオル

などで対処することを意識すれば多くは改善できるでしょう。

 

ストレートネック、肩こりや首凝りが酷い方は次のストレッチをするだけでもかなり改善されますよ。

参考:整形外科で教わったストレートネックにも良い肩こり解消ストレッチ

 

私はこのストレッチで頸椎の歪みによる左腕の痺れが消えたので、頸椎が歪んでいる人やそれによって腕に痺れがある方にもおすすめですね。

 

姿勢が悪く首や肩に負担がかかりやすい人冷えで痛みが悪化しやすい人にも良いと思います。

 

疲れ目対策にはこちらの記事もおすすめですよ。

★当サイトで人気「目の栄養補給・疲れ対策に良い成分が豊富なサプリ」について

★目の乾き・ドライアイが気になる人はコンタクトレンズの見直しもしてみましょう

★疲れた目を癒してくれる目薬・あると便利なグッズについてのご紹介

★お勧めの参考になる本・視力低下を防ぐためにも役立つ優秀アプリのご紹介

★ちょっとした隙間時間に出来るツボ押しと一人でも簡単ストレッチのやり方

スポンサーリンク










スポンサーリンク