眼精疲労が原因で眉毛が痛くなる?その理由と対処法

眼精疲労と言えば、目の奥が痛い、まぶたが重い、首凝りや肩こり、頭痛が酷い…などのしつこい症状があるイメージが強いですが眉毛付近が痛くなることもあるんです。

 

眉毛の辺りって普段あまり痛みを感じる部位ではないと思うので、ちょっとした痛みも気になると思うのですが何が原因なのかわかりづらい部位でもあります。

 

顔の神経の問題なのか…それとも脳になにか問題でもあるのか…と不安になることもあるでしょう。

 

眼精疲労によっても眉毛が痛くなることはあるので、どこも異常がないのに痛みが続く時は眼精疲労も疑ってみましょう。

 

このページでは、眼精疲労が原因で眉毛が痛くなる理由とその対処法について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

眼精疲労で眉毛が痛くなる理由

 

眼精疲労なら目や肩・首のコリ、頭痛などの症状が一般的ですが少ない頻度で眉毛の辺りに痛みが起こることがあります。

 

締め付けられるような痛みだったり、眉毛周辺に触れるとズキンと痛かったり...髪の毛がちょっと当たるだけでも痛くなったりします。

 

目の奥やその周辺が痛いという症状があり、なお且つ同時に視力低下もあれば眼病だったり脳に問題があるというケースもあります。
でも、視力低下はなくただ痛みが起きている場合はその多くは疲れから来ているもの。

 

ただ目が疲れているというのもありますが、必ずしも原因は目だけでなく首や肩の血流も悪くなっていてその凝りが眉毛にも影響しているものと考えられます。

 

眉毛が痛いということは自分で感じなくても首や後頭部、肩などが同時に凝っていることが多いです。

 


三叉神経痛も関係していることがある

 

もしくは、三叉神経に痛みが起こることが原因とも言われています。

 

三叉神経は顔全体に広がっている神経のことで、ブロックごとにいくつか分かれていますが第一枝にあたる眼窩上神経はちょうど眉毛の上あたりにあるんです。

 

三叉神経痛が起こる原因としては

加齢で蛇行した血管が神経を締め付けてしまっていること
蓄膿症や虫歯による影響
外傷などの影響

などで、神経に炎症が起きていることが考えられます。

 

また、それ以外にはストレスや疲れなども関わっていることがあります。
目の酷使、ハードワークなどで疲れやストレスが溜まり三叉神経に痛みが起こることが多くなっているのだそう。

 

主な症状としては次のようなものがあります。

✅痛みがある時とない時がハッキリしている(鈍い痛みが長く続く感じではない)

✅痛みは一瞬だけれどそれが何度も連続して痛みが起こる

✅右か左のどちらかでいつも同じ場所が痛い(痛い部位が移動しない)

✅顔に何か刺激があった時に痛みを感じることがある

✅何かに刺された感じ、しびれる感じ、ズキズキする感じの痛み

 

治療法としては、神経を落ち着かせる内服薬の処方ブロック注射放射線治療外科手術と症状によっても様々。

 

症状が軽いと内服薬で済ませることが多いですが、重い症状だと最終手段として外科手術が行われることが多いです。

 

何科を受診したら良い?

 

自分ではただの眼精疲労だと思っていても、実際は違うこともあると思います。
結果的に眼精疲労であったのであれば良いのですが、他に別の原因が潜んでいたら困ってしまいますよね。

 

なので、まずは目に異常がないか眼科を受診してみてそれで何も問題がなければ脳にも異常がないか今度は脳神経外科を受診すると良いでしょう。

 

それでも異常がなければ、次は神経内科を受診してみると良いと思います。

眼科
脳神経外科
神経内科

 

一つ一つ診てもらってそれで何も問題がなければ、疲れやストレスの影響が強いのであとは自分で出来る対処法として血行を良くするために目元全体を温めたりゆっくりお風呂に浸かるなどして対処することも大事。

 

神経痛や疲れの場合は特に、冷やすと痛みが増したり症状が悪化することが多いのでとにかく冷えには気を付けましょう。

 

原因がわからない段階で、気になるからと患部をむやみやたらと触るのも厳禁です。
あとは、適度に体を動かす、病院でどうにもならない痛みは鍼灸院や整体などにも行ってみると良いでしょう。

 

体に何も異常がない場合で痛みだけが気になる場合、病院で治療しても改善されなかった時に鍼灸院整体で治療を受けたら良くなったということがあるからです。

 

眉マッサージも行おう

 

特にどこも悪くなく、眼精疲労が疑われる場合は眉マッサージを行いましょう。

 

ちょっと軽く触るだけでも強い痛みが出るようだとダメですが、痛みが段々と落ち着いてきた段階であればマッサージを行うのも良いですよ。

 

眉毛周辺には疲れ目に効くツボがいくつか存在しますが、

眉頭のところには攅竹(さんちく)
眉毛の真上だとちょうどど真ん中にある魚腰(ぎょよう)

がよく知られていますね。

 

眉尻には糸竹空(しちくくう)

というツボもあるのでこの3つのツボは最低限覚えておきたいですね。

 

攅竹:頭痛や目の痛みによく効くとされるツボ

魚腰:眼病予防全般に良いとされるツボ

糸竹空:神経の疲れを軽減させるのに良いツボ

 

指圧でなくてもマッサージをして筋肉の凝りをほぐし、血行を良くするだけでも違います。

 

眉毛や目周辺のツボに関しては、次の記事でもご紹介しているので参考にしてください。

関連:隙間時間に指圧でスッキリ!疲れ目に効く「頭と首・手と足のツボ」

 

眉毛の上をなぞる

人差し指の第二関節が眉毛に当たるように指を軽く曲げ、眉頭から眉尻に向けてなぞるように指を滑らせながらマッサージします。

力を入れ過ぎないようにして、凝りをほぐすようにゆっくりマッサージしていきます。

もしくは、ただ人差し指の腹を使って眉毛をなぞるようにして軽く指圧するのも良いですよ。

 

眉毛をつまむ

親指と人差し指を使って眉毛を挟み、眉頭から眉尻にむかって少しずつつまんでいきます。

気持ち良いと思うくらいに軽く力を入れて、爪を立てないように気を付けながらこれを2回3回と繰り返していきます。

眉毛周辺のツボは痛みを感じやすいので、あまりやり過ぎないように適度に指圧していきましょう。

 

顔は色々な器官が狭いところに密集しているので、自分では「ここが痛い」と思っても実は別の場所が原因だったり….痛みがどこから来ているのかも自分でもあまりよくわからなかったりします。

 

何が原因で痛みが出ているのか?どこかに問題があるのか?ということを一番最初に確認する必要がありますが、多くの場合は疲れだったり血行不良がほとんどの割合を占めているんですよね。

 

そんな時は体を適度に休ませること、血行を良くすることを意識して生活習慣を改善していきましょう。

 

日頃の疲れ目対策・眼精疲労対策にはこちらの記事もおすすめですよ。

★当サイトで人気の「目の疲れ対策・栄養補給に役立つ」サプリメントはコチラです

★目の乾き・ドライアイが気になる人は使っているコンタクトレンズの見直しも大事

★疲れた目に潤いを与えてくれる目薬・あるとなかなか使えて便利なグッズのご紹介

★参考になるお勧めの本・視力低下をストップさせるのに使えるアプリのご紹介です

★隙間時間を利用して出来るツボ押し・どこでも簡単に出来るストレッチのやり方~

スポンサーリンク










スポンサーリンク