疲れ目で眼球を押すと気持ち良いけど危険な理由とスプーンを使った療法

目が疲れたな~と感じた時に、ついつい眼球を指で押してしまう癖のある方はすぐにでも止めましょう。

 

でないと、今は良くても将来的に目に影響を及ぼすことがあるかもしれません。

 

指圧が好きな方は眼球周辺は指で押すのではなく、スプーンを使って軽くマッサージするのが良いですよ。

 

スプーンを指圧に使うイメージはあまりないかもしれませんが、ステンレス製のものは温めるのにも冷やすのにも良いですしサイズ的にもぴったりなんですよね。

 

そこでこのページでは、疲れ目になるとサッパリするから眼球を押したくなる、でも押すといけない理由、指圧好きな方におすすめなスプーン療法についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

疲れ目時に眼球を押すと気持ちが良い

 

疲れ目の時って、目が疲れたな~とかまぶたが重いな~とか自分でも感じる症状は色々とあると思います。
そんな時に、マッサージをして対処する人も多いと思います。

 

特に、パソコンを長時間使った後なんかは椅子にもたれかけて全身をくーっと伸ばしながら目元も指圧すると気持ち良いんですよね。

 

それだけでもほんの一瞬ですが、疲れがちょっとは吹き飛ぶ感じがします。

 

これは、長時間画面を見っぱなしなどで血行が悪くなり筋肉が緊張して硬くなったところを揉みほぐすことで血行が一時的に良くなるからだと考えられます。

 

確かに、血行を良くして症状を和らげるツボも目の周辺にはいくつか存在するのでツボ押しも効果的です。

 

でも、眼球を押すのは目に悪いので気をつけましょう。

 


眼球を押して指圧すると眼球打撲になることがある

 

私もデスクワークを始めたばかりの頃は、しょっちゅう目が重くなっていたので眼球を押してスッキリ!と感じることがありました。

 

でも、今は目元の周辺のツボ押しをすることはあってもまぶたやその下の眼球を押すようなことは一切していません。

 

それは、眼球というか眼球の周辺にある組織を傷つけてしまうことがあるということを知ったからです。

 

目に外から大きな力が加わると、「眼球打撲」という状態になり眼球を包む組織がダメージを受けることがあります。

 

眼球打撲は、何かスポーツをしている時に多いです。

たまたま飛んできたボールが目に当たったり
相手選手の手が当たったり
転んだ時にぶつけたり
物が上から落ちてきてぶつかった

などで起こることが多いですね。

 

眼球打撲になると、目がかすんだり物が二重に見えたり痛み、充血、出血などの症状が起こり視力低下につながることも…..

 

また、網膜はく離白内障緑内障などといった重大な眼病の原因になることもあります。

 


指圧の仕方によっては将来的に悪影響を与えることもある

 

眼球打撲は強い力が加わった時、かなりの衝撃を受けた時などに起こるのでただ指圧する分にはそんなに問題はありません。

 

でも、目が疲れているからと毎日眼球を押して少しずつでも組織にダメージを与えていたら将来的に眼病のリスクが大きくなるかもしれないのです。

 

人はそのまま過ごしていても年を取っていくので、色々な器官が徐々に老化していきます。

 

老化が進めば進むほど、色々なところが傷んだり不調が起こるのでなるべくそういったダメージを減らす意味でも眼球への指圧は避けましょう。

 

それに、まぶたの皮膚は顔の中でも最も薄いと言われていてその厚さは0.5㎜から0.6㎜ほどとかなり薄いんですよね。

 

その分ちょっとした刺激を受けやすいので、目になにも問題がなかったとしても色素沈着を起こしてくすみクマなどにつながることもあります。

 

さっぱりするとついついやりたくなるのですが、他にも血行を良くしたり疲れ目を癒す方法はありますから。

 

指圧好きな方はスプーンに変えてみる

 

目薬を点す、ホットタオルで温める、アイケアグッズを使うなど疲れ目対策は色々とありますがそれでもやっぱり指圧した方がすっきりするという人もいるでしょう。

 

でも、眼球はもちろんNGですが目の周りでも強い指圧はやはりNGです。

 

むやみやたらとは触らないほうが良いんですが、それでもどうしても指圧してサッパリしたいなという時は、指を使うと強く力を入れがちなのでスプーンを使ってマッサージすると良いでしょう。

 

スプーンは、ステンレス製のものでカップアイスなどに使うような小さいものでなくて大きめのもの(例えばカレーを食べる時のような)を一つ用意します。

 


温度は人肌より少し温かいくらい

 

マグカップにお湯を入れ、41度から2度くらいの人肌よりも少し温かい程度に冷ましたらスプーンを数十秒入れて温めます。

 

さっと水気を取ったら、スプーンの丸みを利用して目頭から目尻の方向に目の周りを滑らせながら温めると良いです。

 

そうすれば、あまり力を入れることもなく目にダメージを与えずに目元のマッサージが出来ます。

 

逆にスプーンをほんの少し冷凍庫に入れるなどして冷やして使うと、寝過ぎ飲み過ぎで腫れたまぶたが引き締まりますよ。

 

充血している時やかゆみが酷い時など目元を冷やしたい時に使うのも良いでしょう。

 


スプーンを使ったマッサージの方法

★ストローク法

①眉頭の下にあるくぼみからこめかみに向かって血行を良くするようにスプーンの丸みのあるほうを少しずつ滑らせていく

②眉頭の上からこめかみに向かって流すように滑らせていく

③目頭の下からこめかみに向かって流すように滑らせ、今度は最初よりも数ミリ下に下がった状態で同様に目頭の下からまたこめかみに向かって滑らせていきます

 

これを1セット5回ずつ、左右に同じように行います。

 

★タッピング法

①眉間から眉毛の上を通ってこめかみに向かってトントンと小刻みに軽く叩きながら滑らせていく

②下まぶたの1センチくらい下のところを目頭から目尻の方向にトントンと軽く叩く

③こめかみから頭のてっぺんに向かってトントン軽く叩きながら移動する

 

叩くリズムとしては「トントントン」「トントントン」と一か所で3回ずつ軽く叩いていく感じです。

 

こちらも、それぞれ1セット5回ずつ行い左右に同じように行います。

 

あまりやり過ぎても良くないので、一日1セットから2セット位を目安にしてあまり毎日はやらないようにしましょう。

 

あくまで疲れを癒すために適度に血行を良くする目的で行う感じです。

 


疲れが取れると視力が回復することもある?

 

このスプーンを使った方法は、今野式スプーン療法などと言われテレビや雑誌などで取り上げられましたが中には疲れ目がよくなっただけでなく視力が回復したという方も居るのだそう。

 

疲れ目対策が視力低下を防ぐことにつながればそれだけでも良いですよね。

 

くれぐれもあまり力は入れないようにして、眼球は避けて目の周りを軽くマッサージする感覚で試してみてください。

 

日頃の疲れ目対策・眼精疲労対策にはこちらの記事もおすすめです。

★当サイトで人気の「目の疲れ対策・目の栄養補給に役立つ」サプリメントですよ!

★目の乾きやドライアイを感じる人は今使っているコンタクトレンズも見直すべき

★疲れた目に潤いを与えてくれる目薬・あるとなかなか使えて便利なグッズのご紹介

★参考になるおすすめの本・視力低下を防ぐのに役立つ優秀なアプリのご紹介です!

★隙間時間を利用して出来るツボ押し・一人でも簡単に出来るストレッチのやり方~

スポンサーリンク










スポンサーリンク