眼精疲労に効く栄養ドリンクのメリットと飲み方の注意点

眼精疲労の軽減には休息は欠かせませんし、パソコンが原因ならパソコン環境を整えたり眼病が原因であれば眼科での治療が必要です。

 

それにプラスで目薬や疲れを取るグッズを使ってみると良いですが、サプリはあまり飲みたくない人でもっと手軽に内側から改善したいという人は栄養ドリンクもおすすめですよ。

 

栄養ドリンクって眼精疲労に効くの?エネルギーチャージがメインだから目の疲れには効かなそう…というイメージが持たれがちですが眼精疲労用の栄養ドリンクもあるんですよね。

 

気が向いた時だけ楽に眼精疲労のケアをしたいという方には特に良いと思うので今回はお勧めの栄養ドリンクと飲み方の注意点、飲むメリットなどについてご紹介していきますね。

スポンサーリンク

眼精疲労に良いお勧め栄養ドリンク

 

栄養ドリンクと言えば、普通は「肉体疲労を改善するタイプのドリンク」をイメージする人がほとんどだと思います。

 

眼精疲労になる人は体も疲れている人が多いので、肉体疲労系の栄養ドリンクが全く役に立たないってことはないと思うんですがそれでも眼精疲労に特化したドリンクのほうが効きそうな気がしますよね。

 

一般的な肉体疲労改善がメインの栄養ドリンクにも疲れ目に良い成分は一部含まれているものもあるのですが、今回は目に良い成分を豊富に含んだ眼精疲労用のおすすめドリンクをご紹介します。

 

意外とけっこう色々な種類のものがあるんですよね。

 

・ピップ内服液

・ピップpci

・パスビタンDX

・ビルトンゴールド

・レイヨーV

・ユンケル1・6・12液

・パス ビタイミンEX

 

★ピップ内服液 1本50ml 税込み340円

ピップエレキバンやピップマグネループなどでお馴染みの、ピップ社の栄養ドリンクです。

ビタミンB12がメインとなっていて、B1、B2、B6が配合されたドリンク。
眼精疲労、肩こり、腰痛、神経痛や筋肉痛の症状改善に良いと言われています。
ブルーベリー風味の飲みやすい味。

 

★ピップpci 1本50ml 税込み298円

こちらも同じくピップ社の栄養ドリンク。
栄養ドリンクには、オキソアミヂンというニンニクから抽出した成分が含まれていることがあり臭いが気になることがあるのですがこちらは含まれないので臭いも気になりません。

眼球や角膜に存在するコンドロイチン硫酸エステルナトリウムや血管を広げて血液の流れを良くするニコチン酸アミド、神経の働きをサポートするビタミンB配合。
眼精疲労、肩こり、腰痛、神経痛、筋肉痛、手足の痺れにも◎爽やかリンゴ味。

 

★パスビタンDX 1本50ml 税込み324円

常盤製薬の栄養ドリンクで、2002年に登場したものが2017年リニューアルされて新しくなりました。

コンドロイチンビタミンB1誘導体、相乗効果のあるニンニク成分(無臭)、B2、B6などを配合。
眼精疲労や肩こり、腰痛、関節痛にも良いとされています。

 

★ビルトンゴールド 1本50ml 税込み約130円

製造販売は中外医薬生産。
滋養強壮、肉体的な疲れが溜まっている時のビタミン補給に良いと言われています。

活性型ビタミンB1をメインに、ビタミンB2、B6を配合。
眼精疲労の他に肩こり、腰痛や関節痛などに良いです。

 

★レイヨーV 1本30ml 税込み約226円

製造販売は、松田薬品工業。
神経痛、手足のしびれなどに良いとされています。

吸収しやすい活性型ビタミンB1の他にB2やB6ニンニク成分(無臭)配合。
眼精疲労、肩こり、腰痛、筋肉痛、関節痛、疲れている時の栄養補給にも◎
ややビターテイストの大人な味。

 

★ユンケル1・6・12液 1本60ml 税込み626円

佐藤製薬の栄養ドリンク、錠剤タイプもあります。
ビタミンB12をメインに、B1、B6もバランスよく配合。

1本当たり約7.5kcalと低カロリーなのも魅力です。
眼精疲労、関節や筋肉・神経の痛み、手足の痺れに◎

 

★パス・ビタイミンEX 1本50ml 税込み328円

ビタミンB1、B2、B6をバランスよく含んだ大和合同製薬のドリンク。
眼精疲労と肩こり、腰痛など関節痛や神経痛、筋肉痛にも良いです。

ドリンクにしては珍しい、シトラス風味、柑橘系の味がするので特有の味が苦手な人にも良いでしょう。

 

メインの配合成分は違いますが、どれも配合されているのがビタミンB群なので同じような感じです。

 


・選び方について

 

選び方を挙げるとすれば、デスクワーカーさんでパソコンが疲れ目の原因になっているのであればピップpciをお勧めします。

 

よく飲むから値段重視という人であれば、ビルトンゴールドレイヨーVあたりが良いかと。

 

最近摂取カロリーが気になる人や体型維持に敏感な女性には低カロリーのユンケル1・6・12液が良いでしょう。

 

デスクワーカーの人👉ピップpci

値段重視の人👉ビルトンゴールド、レイヨーv

カロリーが気になる人👉ユンケル1・6・12液

 

栄養ドリンク系は、一本300円位がザラで高いものだと500円から600円位はします。

 

たまに飲むのであれば良いのですが、頻繁に飲んでいるとけっこうな出費になりますし栄養補給で症状が良くなるのであればコスパの高いサプリのほうがおすすめですね。

 

サプリに関しては、「口コミでも人気の疲れ目に良い成分たっぷりのサプリはどれ?」の記事が参考になるかと思います。

 

スポンサーリンク

飲み方と注意点

 

飲み方ですが、一日2本(もしくは3本)が限度となっているものがほとんどなのでついぐびぐびと何本も飲み過ぎないように注意しましょう。

 

また、次に飲む時は最低でも4時間ほど間隔を空けてから飲むようにします。

 

あとは、カフェインが多いものがあるので寝る前に飲むのは避けたほうが良いですね。

 

目が冴えて眠れなくなったり、寝ても日中変な時に急に睡魔に襲われたりしますからね。

 

栄養ドリンクを飲むメリット

 

✅飲みやすくて栄養補給しやすい

✅眠気覚ましに良い、徹夜にも使える

✅ビタミンが取れるので疲労回復にも役立つ

 

栄養ドリンクを飲むメリットをいくつか挙げてみましたが、飲み物感覚で栄養が取れるので手軽に栄養補給できるのは良いですよね。

 

カフェイン入りのものが多いので眠気覚ましにも良く、疲れているけど頑張らないといけない日があったり徹夜のサポートになるというのも良いと思います。

 

あとは、眼精疲労に良いと言われるものでも体の疲れを同時に緩和させてくれる成分もあり結果的に体全体の疲れの軽減につながる点も良いですね。

 

ただ、コスパ的な問題があるのでどうしても頻繁に飲むのは難しくなってくると思います。

 

たまに眼精疲労が酷い時がある人、繁忙期の疲れが溜まってきた時だけ栄養ドリンクの助けが必要と感じる人には十分使えると思いますよ。

 

普段の疲れ目対策・眼精疲労対策にはこちらの記事もおススメです。

★目の疲れ対策・栄養補給に役立つと当サイトで人気のサプリメントはコチラです

★ドライアイ・目の乾燥が気になる人はコンタクトレンズの見直しも大切ですよ

★疲れきった目を癒してくれる目薬・あると使える便利グッズのご紹介です

★個人的に参考になったおすすめの本・視力低下を防ぐのに役立つ優秀アプリ

★ちょっと空いた時間を使って出来るツボ押し・どこでも簡単試せるストレッチ

スポンサーリンク