口コミでも人気の疲れ目に良い成分たっぷりのサプリはどれ?

サプリメントは健康食品なので、それ自体に症状緩和の作用はないのですがもしも不調の原因の一つに栄養不足があるのならば補うことで改善につながるかもしれません。

 

特に、もし今現在あなたが不規則な食事をしがち、もしくは以前までしていたというのであれば一度この機会に栄養バランスを見直してみましょう。

 

目に必要な成分も色々とありますが、サプリも色々なタイプがあるのでどれを摂れば良いかわからないというあなたへ。

 

このページでは、疲れ目に良い成分と口コミでも人気のサプリについて解説しています。

スポンサーリンク

疲れ目に良い成分とは?

 

疲れ目に良い成分としてよく知られるのが、抗酸化作用が高い成分や目の働きを助ける成分など。

 

その中でも特に代表的なものが次の成分になります。

 

・ルテイン

カロテノイドの一種、ケールやホウレンソウなどの緑の葉野菜に多い黄色の色素。
紫外線などの強い光から目を守ります。
不足に気を付けることが、老化によって起こりやすい黄斑変性症や白内障などの眼病予防に良いと言われます。

 

・アスタキサンチン

ピントを調節する機能を改善したり、炎症を抑え目の疲れの軽減に。
白身魚である鮭の体が赤身魚のように赤く見えるのはこの成分によるもの。
鮭は川で生まれ、海を回遊してまた川に戻ってくるなど過酷な環境で生き抜くためハイパワーの抗酸化力があると言われています。

 

・アントシアニン

ポリフェノールの一種で青紫色をした色素。
目の網膜にあるタンパク質である「ロドプシン」の再合成を促進するため、目の疲れを回復させてパフォーマンス向上に役立ちます。
ブルーベリーが目に良いと言われるのがこのアントシアニンの作用によるもの。

 

・DHA

青魚に多い多価不飽和脂肪酸。
目の網膜の脂肪酸の半数近くを占める為、網膜の働きを助けるので視力回復のサポートにも。
特に近視の症状改善の他、動体視力向上にも良い成分の一つ。

 

・ビタミンB群

ビタミンB1は筋肉疲労を癒すので、同時に目の筋肉の疲れも軽減させてくれます。
B2は、充血の予防ドライアイに良いと言われています。

 

・βカロテン

かぼちゃ、トマト、ニンジンなどの緑黄色野菜に含まれている成分。
網膜で光を受ける細胞を作る「ロドプシン」を構成する成分の一つなので、粘膜、網膜の健康維持に役立ちます。

 

・メグスリノキ

名前からしていかにもな成分ですが、古くから目に良い民間薬として使われ洗眼に使われることも多かった植物。
アレルギーや結膜炎の症状を抑え、疲れ目予防かすみ目対策にも良いと言われています。

 

・ビタミンC

レンズの役目をしている水晶体に多い成分で、抗酸化作用のあるビタミン。
十分に取ることで加齢による老化を防ぎ、眼病予防につながります。
水溶性で体内に蓄積できないので過剰摂取よりも不足に気を付けたいビタミンです。

 

口コミでも人気のサプリ

 

サプリには色々な種類があるので一体どれにしたらよいのか迷ってしまう人も多いと思います。

 

当サイトでおすすめしているのがひとみの専門店 朝のルテイン&プラセンタになります。

黄斑変性症、白内障の予防に良いと言われるルテインともともとは肝臓病の治療として使われてきたプラセンタを配合。
ルテインは、人の体内にも存在するタイプの天然ルテインで一日当たりの配合量が40㎎と豊富なのも魅力です。

 

ルテインの目安量は一日当たり6㎎~10㎎ほどなのですが、これは目の不調がない健康な人が目安。
不調を感じる人は、10㎎~20㎎以上取るほうがよいと言われていて自分の体重×2㎎までは摂取しても問題ないとされています。

 

東洋医学では目と肝臓はつながっていると考えられるので、目の不調を改善するためにプラセンタも一緒に6000㎎配合されています。
美容成分としても知られるプラセンタなので、目だけでなく肌や髪にも良いと評判なのです。

 

サプリと言えば錠剤やカプセルが一般的ですが、飲みにくいので続けられない…というデメリットがあります。
ひとみの専門店 朝のルテイン&プラセンタ」はマンゴー風味のゼリータイプで食べやすいので錠剤やカプセルが苦手という方にもおすすめですよ。

 

目に良い食べ物と言えば、ブルーベリーの名がよく上がりますが実はルテインを取ったほうが良いんです。

 

確かに、ブルーベリーにはアントシアニンが豊富に含まれているのでロドプシンの再合成を促して視機能のパフォーマンスを上げます。

 

ロドプシンは、光の信号を脳に伝えるという役目をしていて分解したら再合成してまた分解、再合成というサイクルを繰り返していくのですが眼を使い過ぎるとこの再合成が遅れて視機能のパフォーマンスが下がってしまうのです。

 

視機能のパフォーマンスが下がると、目が乾く、痛みを感じるなど疲れ目の症状が出てくるんですね。

 

こちらは体内で作ることが出来ないので、食事から摂取する形になります。

 

一方のルテインはというと、体内にもともと存在するもので水晶体や目の中心部である黄斑部に多く紫外線などの目に負担となる光を吸収して眼を守っています。

 

紫外線は少なからず年中浴びるものですし、パソコンやスマホの影響で更に目に負担がかかるとルテインも消費してしまうので目を守るのが難しくなります。

 

年齢を重ねていくことで少しずつ減少していくものでもあるので、目の不調を改善する目的、眼病予防としてルテインの摂取を勧める眼科医も多いんですよね。

 

実際、ブルーベリーのサプリとして飲み続けたけれどあまり効かなかったという人は多いです。

 

私も以前ブルーベリーやプルーン系のサプリを何年も飲み続けていたのですが、あまり効いたという実感がなかったので止めました。

 

ブルーベリーのサプリを飲んでいたけれどあまり意味がなかったという人は特に、ルテインだけでなくても良いですがルテインがメインに配合されているサプリを選ぶと良いと思います。

 

サプリメントは一種類の栄養だけが入っているものよりも、何種類かバランスよく含まれているもののほうが相乗効果を発揮しやすいです。

 

食事から摂るのが一番ですが、不足しがちな栄養があればサプリメントで補うのも良いでしょう。

 

サプリを飲む際の注意点

 

✅コップ一杯の水で飲む(食べる)こと

お茶、紅茶、コーヒーなど水以外のもので飲むのはNG。
これらの飲み物に含まれるタンニン、カフェインなどが栄養素と合わさると吸収を阻害することがあるからです。
また、一口だけの水など少なすぎる水分だとしっかり栄養素を届けることが出来ません。

 

✅用量は守る

サプリメントにありがちなのが、飲み忘れ(食べ忘れ)です。
そういえば昨日飲もうと思っていたけど忘れたから、昨日の分も今日一緒に飲んじゃおうというのは厳禁。
飲み忘れたとしても、1日の用量は守りましょう。

 

✅食後30分までに飲む(食べる)

特に指定がないのであれば食後30分以内に飲むのが基本です。
体に効率よく栄養を吸収してもらうためにも、出来れば毎日同じくらいの時間帯に飲むようにしましょう。

 

✅保管方法

開封後は直射日光が当たらない、高温多湿にならない涼しいところに保管します。
賞味期限内に飲み切るようにし、期限が過ぎて何週間も経つのであれば処分しましょう。

 

✅持病がある方や服薬中は医師に相談を

持病がある方や今現在お薬を飲んでいる方は、念のため医師に相談してから飲みましょう。
また、他のサプリメントを飲んでいる場合も飲み合わせには気を付けましょう。
ミネラルや脂溶性ビタミンは体内に蓄積されやすいので要注意です。
過剰摂取になりやすいミネラルはカルシウム、脂溶性ビタミンはA、D、E、Kなどがあります。

 

サプリを飲む際は、これらのポイントをしっかりと押さえて飲むようにしましょう。

 

こちらもおすすめですよ。

★目の乾き対策にはコンタクトレンズも見直そう

★目の疲れを癒してくれる目薬・グッズの選び方

★お勧めの本と視力回復にも役立つアプリ

★隙間時間に挑戦したいストレッチとツボ押し

スポンサーリンク










スポンサーリンク