暑い時期の目の不調は熱中症が原因?予防と対策

気温も湿度も高い暑い時期になると、屋外に居る時やスポーツをしている時などに気分が悪くなることがあります。

 

少し暑いくらいならまだ良いのですが、猛烈に暑い日になると室内でも熱中症になることも…

 

熱中症は症状が重いと命の危険もある気を付けるべき症状ですが、実は前兆として目の不調が出ることでも知られています。

 

夏の暑い時期に急に目の不調を感じるようになったら、熱中症の可能性があるので必要な対策をしっかりと取って体調を崩さないように気を付けたいですね。

 

そこでこのページでは、夏の暑い時期に突然起こる目の不調と熱中症との関係、対策についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

熱中症の主な症状

 

とてつもなく暑い日は、都心では体温よりも高い40度以上になることも少なくないですよね。

 

そこまで熱くなると、体温を下げようと汗が沢山出るのですが十分な水分補給が出来ていないと汗が出ないので体温が下げられなくなります。

 

この時脱水症状になり、体温を調節する機能も働かなくなることで体中の細胞が壊れてしまうといったことが起こります。

 

そうなると全身が痙攣したり、意識がもうろうとするなど症状が重くなります。

 


・熱中症は発症する前に前兆を感じることがある

 

でも、熱中症は突然発症するというよりは前兆がありそれから少しずつ症状が悪化していくケースが多いです。

 

熱中症と言ってもいくつか種類があり、ざっくり分けると主に次の3つのタイプに分けられます。

 

  1. 熱失神
  2. 熱痙攣
  3. 熱疲労

 


1.熱失神は比較的軽めの症状

 

1の熱失神は、体温を下げるために体中の血管が広がり脳の血流が低下するというもの。

 

熱中症でも初期の症状で、主な症状にはぐるぐると目が回るようなめまい、目が痛い、目がかすむ、冷や汗が出る、一時的に意識がハッキリしなくなるなどがあります。

 

熱中症の中では一番症状が軽いのですが、だからと言って軽く考えていると症状が悪化することもあるので気を付けましょう。

 

応急処置:まずは涼しい場所に移動すること、衣類はゆったりとさせて熱の逃げ道を作ること、スポーツドリンクなどを飲むこと

 


2.熱痙攣は症状はやや重め

 

2の熱痙攣は、水分補給をした時に塩分が少ない水分ばかり取ってしまったなどで体内の塩分濃度が少なくなっている状態。

 

筋肉痛のような体の痛みや倦怠感、手足の痙攣、ふくらはぎをつるなどといった症状があり運動している時に起こりやすいです。

 

応急処置:冷水をかけたり扇風機で冷やす、氷などで首筋や太ももなど太い血管がある部分を集中的に冷やすこと+スポーツドリンクなどを飲むこと

 


3.熱疲労は重い症状

 

3の熱疲労は、汗として体外に出る量が圧倒的に多く水分補給した量が少ないために水分不足の状態。

 

強い頭痛、目がチカチカする、吐き気、嘔吐など激しい症状が出ます。

 

応急処置:とにかく涼しいところで体を冷やすこと、自分で水分が取れそうにない場合は無理に飲まず救急車を呼ぶこと

 


・熱射病はかなり重度

 

そして、あまり頻繁に起こることではないですがこれらの症状より更に酷いのが熱射病になります。

 

体温は40度以上と高温になり汗が全くでない、意識がないなどといった症状があります。

 

この場合は、出来るだけ体を冷やしつつも一刻も早く救急車を呼ぶか病院に搬送する必要があります。

 

熱中症は自分であまり自覚がないうちに症状が酷くなってしまうこともありますが、前兆が現れたらすぐに対処することで大事には至らないケースも多くあります。

 

めまい目の不調は特に感じやすいと言われているので、普段はそういった症状がないのに暑い日に急に感じられるようになったら熱中症を疑って早めに休んだり体を冷やして水分補給を行いましょう。

 

体が弱い人・弱っている時になりやすい

 

熱中症は赤ちゃんやお年寄りの方に多いと言われています。

 

それは、体温を調節する機能が未熟だったり低下していることで汗が出にくく暑さや喉の乾きを感じにくいから。

 

家の中が高温になっていてもあまり気づかないことがあるので、知らないうちに熱中症になってしまうこともあるんですよね。

 

健康な大人でも、一時的に体調が悪い時に発症しやすいです。

 

例えば、ちょっと風邪気味の日が続いていた時とか、前の日あまり眠れずに寝不足だったとか、忙しくて最近食欲がなかったとか、ここ数日疲れが溜まっている…など。

 

そういった時に、不調と合わさって熱中症になることもあるので気を付けたいものです。

 

対策はこまめな水分補給

 

熱中症対策としては、喉の渇きを感じなくてもまずはこまめに水分補給をすることです。

 

沢山汗をかきそうであれば、ただの水やお茶を飲むのではなくスポーツドリンクを飲むほうが良いですし、塩分の多い梅干し塩飴も積極的に食べるなどして水分と塩分のバランスを保ちましょう。

 

市販の熱中症対策の飲み物としては、スポーツドリンクが選びやすいかもしれませんが必ずしもスポーツドリンクでなくても果糖ブドウ糖がバランスよく含まれる糖電解質飲料と書いてあるものを飲むと良いですね。

 

自宅にスポーツドリンクになるようなものがない時は、次のレシピで自分で作ることも出来ますよ。

 


・熱中症対策の手作りドリンクのレシピ

 

1リットルの空のペットボトルを用意してそれに水を入れる

②ティースプーンの半分(2g程度)の食塩を①に入れる

③最後に角砂糖を2個から3個ほど入れてよく振って混ぜたら完成

 

ちょっとでも暑いな~と思ったり天気予報でその日高温になるのがわかれば、自発的に扇風機を付けるなりエアコンを付けるなりして涼しく過ごすことを心がける必要があります。

 

最近は、天気予報で熱中症予報も出ているのでこまめにニュースをチェックして危険な日を回避する(その日は屋外でスポーツはしない、暑い時間帯の外出は控えるなど)というのも大事ですね。

 


・熱中症かな?と思ったら取るべき対策

 

もしも、家の中で熱中症のような症状が感じられたらすぐに涼しいところで体を休め横になります。

 

脇の下や首筋、太ももの付け根などに保冷剤を当てるなどしてすぐに冷やすと良いです。

 

光が刺激となって感じられることがあるので、カーテンを閉めたり目元を少し暗くするなどして休むと良いです。

 

体を冷やし、水分を良くとって十分に休めば大事には至らないはずです。

 

体調が万全になるまではあまり無理をせず、睡眠時間を確保して栄養のある食事を取りましょう。

 

もしもその後熱が高くなったり、体調が一向に良くならないという場合はすぐに病院を受診しましょう。

 


・屋内の熱中症は本当に気付きにくい

 

私自身過去一度だけ熱中症になったことがあるのですが、昼頃友人と外出した時にショッピングをしていたらなんだか足元がふわふわして…

 

目もチカチカするので、最初は前日寝不足だったから疲れ目かななんて思っていたんです。

 

その時途中で帰宅して休んでいればすぐ回復できたかもしれないんですが、そのまま2~3時間くらいショッピングを続け椅子に座った時に友人が異変に気付きました。

 

どうやら高熱が出ていたようで、段々歩くのが無理なくらいグッタリしてきてそのまま病院へと搬送され熱中症と診断されました。

 

症状は軽いほうだったので、点滴と解熱剤をもらい日帰り出来たのですが熱がきちんと下がるまで数日を要したのでそれが辛かったですね。

 

屋内でのショッピングだったんですが、屋内に居る場合自分が熱中症になっていることに気づかないことがあるので不調を感じたらすぐに休む体を冷やして水分を取ることをお勧めします。

 

日頃の疲れ目対策・眼精疲労対策にはこちらの記事もおすすめです。

★目の栄養補給・疲れ目対策に役立つと人気のサプリメントの詳細はこちらですよ

★ドライアイ・目の乾きが気になる人はコンタクトレンズの見直しも大事ですよ!

★疲れた目を癒してくれる目薬・あると使える便利なグッズのご紹介はコチラ~

★参考になる個人的におすすめの本・視力低下を防ぐのに役立つ優秀アプリのご紹介

★ちょっと空いた隙間時間を利用して出来るツボ押し・誰でも簡単ストレッチの方法

スポンサーリンク










スポンサーリンク