香りで疲れも取れる!仕事後のリフレッシュに良いローズウォーターの使い方

ローズウォーターとは、水蒸気蒸留法によって水分とオイルに分けられた成分のうちローズの香りを含む純粋な水のことを言います。

 

ローズ以外にも、ラベンダー、カモミール、ローズマリー、ペパーミントなど…

 

色々なハーブウォーターがあるわけですが、その中でもローズウォーターは歴史が古く代表的な存在。

 

市販で最も手に入れやすいハーブウォーターですし、どんな肌質にも合うので香りを楽しむだけでなく肌の調子を整えることも出来ます。

 

癒し効果が高く、目の疲れにも良いと言われているので仕事でちょっと疲れた後にローズウォーターを使って目元に当てるとリフレッシュできますよ。

スポンサーリンク

ローズウォーターの使い方

 

ローズウォーターは、天然のハーブウォーターなので色々な使い方が出来ます。

 

一般的に化粧水のような感覚で使われますが、食品として販売されているものもあるほど。

 

今回は、疲れ目対策ということで化粧水のような感覚で肌に塗って使っていきます。
使い方としては主に5つあります。

 

スチームとして浴びる

①洗面器やそれに代わるものを用意して温かいお湯を入れます。

②香りを感じるくらいの量のローズウォーターを入れて軽く混ぜます。

③顔を洗面器に近づけるようにして、上がってくる湯気を顔に当てます。

④そのまま数分スチームを浴び、おさまってきたら終了。

➄このまま洗顔すると汚れが落ちやすくなりますが、洗顔後であれば肌に馴染ませて整えましょう。

 

ホットタオルにする

①洗面器に、お湯とローズウォーターを入れたらタオルを浸します。

②固く絞ったものを閉じた目の上に乗せてホットタオルにします。

③もしくは、タオルをローズウォーターに浸して固く絞ったらレンジにかけます。

④1分前後温めたら目を閉じてその上にホットタオルを乗せます。

➄冷たくなってきたら外して終了。

 

一吹きしてそのまま肌に馴染ませる

①お風呂上がり、洗顔後など肌が清潔な状態で目を閉じてその上から軽く一吹きスプレーします。

②左右同じようにスプレーしたら、垂れてこない程度に数回繰り返します。

③両手をすり合わせて温めて置いたら、両目を包み込むように温めます。

④1分ほどキープしたら、手を外してローズウォーターを肌に馴染ませていきます。

➄肌に馴染んだらこれで終了です。

 

コットンを使って目元だけのパック

①コットンを2枚用意したら、たっぷりとローズウォーターを染み込ませます。

②両目を閉じて左右に1枚ずつ乗せます。

③5分ほどしたらコットンを外し、余ったローズウォーターは肌に馴染ませて終了。

 

フェイスシートを使って顔全体をパック

①100均などで売っている、化粧水を浸して出来るフェイスシートを用意します。(一見大きな錠剤のような、圧縮されたもの)

②フェイスシートにローズウォーターを浸し、十分に膨らむのを待ちます。

③垂れない程度にしっかり浸したら、顔全体に乗せましょう。

④5分から10分くらいそのまま乗せておきます。

➄時間になったら外し、全体的に肌に馴染ませたらOKです。

 

スチームはメイクを落とす前でも後でも、スキンケアをする前でも後でもいつでもOK。

 

ホットタオルやスプレー、コットンを使ったパック、フェイスシートを使ったパックは洗顔後に。

 

化粧をしていれば落として、清潔な状態であればスキンケアの前でも後でも良いですね。

 

ローズウォーターの効果効能

 

ローズには、以下3つの成分が主要成分として含まれています。

 

ティーローズエレメント・・・「安眠」「鎮静」

ゲラニオール・・・「不安解消」「肌にハリを与える」

ネロール・・・「細胞回復」「女性ホルモン分泌促進」

 

肌の引き締めにも良く、炎症を抑えるので日焼け後など肌がダメージを受けた後に使うのも良いです。

 

肌が乾燥しやすい時、弾力やハリを与えたい時などにもよく使われています。

 

香りには好き嫌いがあると思いますが、ローズウォーターの香りは濃いものは少なくふわっとなんとなくバラの香りが感じられる程度です。

 

安眠や不安解消にも良いように、寝る前や気持ち的に落ち着かないような時に使うのも良いので仕事が終わって一段落着いた、寝る前の時間帯に使うのがおすすめです。

 

スポンサーリンク

選び方について

 

最後にローズウォーターの選び方についてですが、以下3つのポイントを確認しておきましょう。

 

オーガニック栽培であること

オーガニック栽培されたローズは、化学肥料や農薬は使わず大地の栄養をしっかり吸収して育てられます。

 

厳しい管理の元育てられるため、通常よりも栄養状態が良く丈夫になるためその分有効成分も抽出しやすいと言われています。

 

肌トラブルにつながるような有害なものが含まれないので、安心して使えるというメリットも。

オーガニックだから100%肌トラブルが起こらないというわけではありません。
肌が敏感な方は、たとえオーガニックでも自分の肌に合うか必ずチェックしてから日常使いしてください。

 

ダマスクローズ(ブルガリア産)が使われていること

「バラの女王」という異名を持つのがダマスクローズです。
2万種を超えると言われるほど、沢山の数があるバラですがその中でも成分のバランスが良く香りが最高と言われています。

 

ダマスクローズは、中東、東欧など幅広い地域で栽培されていますが中でもブルガリアのダマスクローズが最も有名です。

 

というのも、ブルガリアでダマスクローズがとれる地域では良質な水、弱酸性の土壌、スコールと太陽が代わる代わるやってくる独特の気候となっていてこれがバラを育てるのに適しているからなんです。

 

ダマスクローズは、5月終わりから6月頭にかけての約3週間ほどしか咲かないのですがこの時期にちょうど良い気候になるブルガリアでは、クオリティの高いダマスクローズが手に入れられると評判となっています。

 

添加物が一切含まれない完全無添加のもの

防腐剤、香料、着色料などが含まれているとそれだけ肌に負担となります。

 

特に、目元に使うことを考えると敏感な部位なので添加物は一切含まれないものを選ぶほうが良いでしょう。

 

使う期限が短くても使い道は色々

 

無添加のものを使えば、防腐剤が入っていないとそれだけ成分の劣化は早くなります。

 

開封したら冷蔵保存するなど保管には気を付けて、なるべくすぐに使い切りましょう。

 

目元に使うだけだと期限内に使い切れない、という場合はスキンケアに使ったりヘアケア、ボディケアにそのまま使えます。

 

また、ルームスプレーとして部屋で使うことも出来ます。

 

ローズウォーターは目元の疲れを癒すだけでなく、他にも色々な使い道があるので一本あると便利かもしれませんね。

 

ちょっと一息ついて休みたい時、気軽に気分転換したい時にぜひ試してみてください。

スポンサーリンク