二度寝をすることで得られる健康のメリットとデメリット

二度寝をするとめちゃくちゃ心地良かったりするのですが、逆に夢を見て疲れてしまったり時間が長すぎると寝過ごしてしまうことになります。

 

仕事がある日だと、つい寝すぎて出勤時間ギリギリになってしまうこともあるでしょう。

 

二度寝は出来ればしないほうが良いけどついつい寝てしまう…という人がほとんどだと思うんですが実は二度寝にもメリットがあるので時間さえ守れば二度寝をしたほうが良いこともあります。

 

そこで今回は、二度寝のメリットとデメリット、二度寝に必要な時間とスッキリと起きるための方法についてご紹介したいと思います。

 

朝どうしてもスッキリと起きられないという方は、無理して一度に起きようとせずに上手く二度寝をすることが大事ですよ。

スポンサーリンク

二度寝のメリットと目安の時間

 

朝起きて、もう少しだけ眠りたい…と思ったことがある方は多いと思います。

 

特に前日疲れていた時、起きないといけない時間まであとほんの少し余裕がある時など。

 

私の場合、前の日ずっとパソコンの画面を見ていた時など目が疲れ切っていてまぶたが開かない状態の時が多いですね。

 

実際、二度寝の原因は睡眠不足疲れストレス体調不良などが関係しています。

 

二度寝のメリットと言えば、心地よい睡眠が出来るというところだと思います。

 

というのも、朝起きる少し前にはストレスを抑制するコルチゾールというホルモンが分泌されるからです。

 

二度寝をすることでホルモンが分泌される状態がさらに続くため、心地よいと感じるのだそう。

 


💡コルチゾールについて

 

体の機能に色々と関わっているホルモンは、100種類以上もあると言われていますがその中でも特にストレスから体を守ってくれるのがこのコルチゾールの役目です。

 

ストレスを感じた時にも分泌されるのですが、それだけでなく朝起きる数時間前から分泌が始まり朝起きた時はその分泌がピークになります。

 

起きた後はまた少しずつ少なくなり、寝る前になると一日の中でも最も少ない分泌になります。

 

あとは、必要な時に血圧や血糖を下げないようにしたり炎症を抑える、エネルギーの変換などといった働きもしています。

 

コルチゾールの分泌によってストレスの軽減にもつながり、短時間であってもリラックス出来て心も体も休めるわけです。

 

なので二度寝には健康にも良いメリットもあるということなんですよね。

 


・時間は制限して二度寝をする

 

でも、大事なのが二度寝の「時間」5分くらいを目安にすると良いと言われています。

 

5分のほんのちょっとした睡眠であればそのせいで体に負担がかかるということもなく、眠りが浅いので割とすぐ起きられるからです。

 

これが、5分ではなく30分、1時間と続いていくと眠りはどんどん深くなるので起きようと思ってもなかなか起きられず…

 

それが平日だったりすると、遅刻の原因にもなってしまうでしょう。

 

なので、二度寝はしても良いけれど5分程度の短い睡眠を心がけるというのが一番良いですね。

 

たったの5分だったら意味がないと思うかもしれませんが、5分だけだとしても二度寝せずにそのまま起きるよりもストレスも少なくなりますし疲れも取れやすくなりますよ。

 

二度寝のデメリット

 

二度寝のデメリットについてですが、一番は体内時計が乱れることがあげられます。

 

一日の時間は24時間と、平等に与えられていますが実は人間の体内時計は25時間で動いています。

 

つまり、普通に過ごしているとそれだけで1時間のズレが生じているわけです。

 

でも、このまま毎日1時間ずつズレていたら12日経ったら12時間ズレるので朝型だったら夜型の生活になってしまいますよね。

 

なので、生活リズムが不規則な人の場合はどんどんズレていって気づいたら昼夜逆転している生活になってしまっていることが少なくありません。

 

特別夜更かししていたわけではないのに、気づいたら朝起きられなくなっていた…という人はこのパターンが多いようです。

 

これを防ぐために、毎朝日の光を浴びて体内時計をリセットすることが大事なんですよね。

 


・毎朝日光を浴びながら起きる、二度寝は5分まで

 

毎日決まった時間に寝て起きる習慣をつけることは大事ですが、日光を浴びて起きるだけでも体内時計はリセットできます。

 

体内時計を都度リセットせずにダラダラ過ごしてしまうと、それが体調不良につながることもありますしストレスを感じやすくなるとも言われています。

 

また、二度寝が原因で遅刻してしまったら寝ている間は気持ち良いですが朝起きた瞬間のストレス(驚き・焦り)は相当なものですよね。

 

もし寝過ごして遅刻したらその日やるべきことに取り掛かるのも遅くなる…と考えるとその日一日が憂鬱になってしまうこともあるでしょう。

 

二度寝自体は悪いわけではないんですが、時間と体内時計のリセットが重要なのです。

 

二度寝をしても5分くらいでスッキリと起きられるようにするために、色々と対策が必要になりそうです。

 

スッキリと一度で目覚めるには?

 

二度寝した後に出来るだけスッキリと一度で目覚めるには、次の3つの対策があります。

 

柑橘系の香り
自分の名前を呼んでくれる目覚まし
睡眠アプリ

 

柑橘系の香りは脳に刺激を与えると言われ、何よりサッパリした気分にしてくれるのでスッキリと目覚められることが多いです。

 

寝起きにお香を焚くのはちょっと危険なので、枕元にミストを用意してシュっと一吹き部屋にまいたりハンカチに一吹きしたものを嗅ぐというのが良いかと思います。

 

柑橘系の香りはレモンオレンジなど、その他にはユーカリペパーミントなんかもサッパリしますね。

 

自分の名前を呼んでくれる目覚ましというのは、声を録音できるタイプの目覚ましに自分の名前を録音しておくというものです。

 

ただ音が鳴るよりも自分の名前を呼ばれることで、潜在意識が刺激されて目覚めやすくなるのだそう。

 

目覚ましを使って起きたいけどなかなか起きられない、目覚ましの音で起きるのがストレスになるという方に良いと思います。

 

個人的には一番使っているのが、「Sleep Cycle alarm clock」というスマホアプリ

Sleep Cycle alarm clock

Sleep Cycle alarm clock
開発元:Northcube AB
無料
posted with アプリーチ

・眠りが浅くなったら起こしてくれる

 

周りでも使っている人が多いアプリなんですが、眠りが浅くなったタイミングで起こしてくれるので自然と無理なく起きられますよ。

 

眠りが深い時に無理に起こされるとストレスを感じたり、反動でもっと眠くなったりするのですがちょうど良いタイミングで起こしてくれるのが良いですね。

 

どうしても疲れが溜まると二度寝をしてしまう、でも一旦二度寝をするとなかなか起きられなくなるという方の参考に少しでもなれば幸いです。

 

日頃の疲れ目対策・眼精疲労対策にはこちらの記事もおすすめですよ。

★目の疲れ対策・栄養補給にも役立つと人気のサプリメントの詳細はコチラですよ~

★ドライアイ・目の乾燥が気になる人は今使っているコンタクトレンズを見直すべき

★疲れた目を癒してくれる目薬・あると使える便利なグッズのご紹介はコチラです!

★参考になる個人的におすすめの本・視力低下を防ぐのに役立つ優秀アプリのご紹介

★ちょっと空いた時間を利用して出来るツボ押し・どこでも簡単に試せるストレッチ

スポンサーリンク










スポンサーリンク