健康管理の為に一年に一度健康診断や人間ドックを受ける人は多いと思うんですが、一般的な健康診断で通常はメニューになくオプションだったり人間ドックのメニューの一つになっていることが多い検査が「眼底検査」です。

 

眼底検査とは、眼球の奥にある組織全体を意味する「眼底」を詳しく検査すること。

 

眼科を受診して何か異常が見つかった時に必要があれば行う検査なので、今まで一度も受けたことがないという人がほとんどかと思いますが40歳以降になったら不調が無くても念のため検査は受けるべきです。

 

目の病気もそうですが脳の病気の発見にもつながるので、今まで受けたことがない人は一度受けておくと良いですよ。

「「健康診断」40歳からやるべき眼底検査の方法とかかる費用・時間の目安」の続きを読む…

疲れ目の原因には色々なものがあって、その一つに視力が極端に悪いから…という人も居るでしょう。

 

見えないからと目を凝らして見ようとすればそれだけ筋肉も使いますし、過矯正になってもまた目は疲れてしまいますからね。

 

でも、レーシックは角膜を削ってしまうから元に戻せないし…特殊なレンズを目の中に挿入するICLも結局は手術が必要だし…となかなか他の視力矯正に踏み出せない人も多いと思います。

 

そんな時、オルソケラトロジーなら手術も必要なく戻したい時にはいつでも元の状態に戻すことが出来るので最もハードルの低い視力矯正の一つと言われています。

 

なるべくリスクを最小限にして、少しでも視力を良くして疲れ目の症状も改善したいという人には一つの手段だと思います。

「視力が原因の疲れ目改善には「オルソケラトロジー」が効果的」の続きを読む…

目が昔からかなり悪くずっとメガネをかけてきたという人も、途中からコンタクトレンズに切り替えた人も出来れば裸眼で目が見えるようになったら…と思ったことは何度もあると思います。

 

今はレーシックの治療が一般的になったので、気軽に受けて視力矯正する人は多くなりましたがそれでも色々なリスクを考えるとなかなか踏み出せない人も居るでしょう。

 

もし受けてみて時間が経ってからまた近視が戻ったらどうしようとか、乱視になったらどうしようとか、感染症の心配など…色々あると思います。

 

レーシックは角膜を削るので一度受けたら元には戻すことが出来ないというのが最大のデメリットだと思いますが、レーシックに代わってリスクが少ない治療としてICLが広まりつつあります。

 

そこで今回はICLの特徴や手術の内容、IOLとの違いやメリットとデメリットについてご紹介していきたいと思います。

「ICLのメリットとデメリットとは?IOLとの違いはなに?」の続きを読む…

パソコンを長時間見ていたら目が痛くなったとか、読書ばかりしていたら目が疲れてきたとかならわかりますが今まで眠っていたのに朝起きたらもう目が疲れている…

 

まぶたが重いような目が開けにくいような、なんだか痛みも感じるけどこれは一体…

 

と、起床時の目の疲れに疑問をもち寝ている間に目に何があったんだと不安に思う方は多いようです。

 

原因は色々とあると思うのですが、その一つにドライアイがあると言われています。

 

今回はこのページでは、起床時の目の疲れの原因と対策についてご紹介していきたいと思います。

「起床時の目の疲れの原因はドライアイ?対策としては目薬よりも眼軟膏が良い?」の続きを読む…

長年ずっと目が悪くメガネやコンタクトレンズを装着していた人であれば、裸眼で物がハッキリ見えるようになるというのは夢のようなことです。

 

朝起きた瞬間からメガネに手を伸ばさなくても見えるようになった時は最高に嬉しいですよね。

 

いつでもどこでもメガネやレンズの力を借りずに目が見えるというのは楽ですし、すごく快適なことだと思います。

 

でも、レーシックを行うことで眼精疲労に悩まされるようになる人も少なくないのも事実。

 

そこで、このページではレーシックを行うと術後に眼精疲労になる原因と対策についてご紹介します。

 

眼精疲労の症状を改善するにはどうしたら良いのか?悩む人の参考に少しでもなればと思います。

「レーシックを行うと術後に眼精疲労になる原因と過矯正の対策」の続きを読む…