映像が立体的でまるで目の前でその出来事が起こっているような、自分が画面の世界に入り込んだような気になる3D

 

一つのカメラを使って撮影した映像を一つのモニター上に映す2Dに対し、右目と左目にそれぞれ別の映像を見せて立体感を演出するのが3Dです。

 

よりリアルに楽しめるので、ただ座って目の前の映像を見るのとはまた違った良さがありますよね。

 

ただ、3Dを見ることで目が凄く疲れてしまったり体調不良に陥ってしまうことも少なくありません。

 

どんなタイプの人が3Dの影響を受けやすいのか、3Dの種類と疲れずに楽しむ方法についてこのページではご紹介していきたいと思います。

「3D映像で疲れ目になる原因と防ぎながら楽しむ方法」の続きを読む…

読書は勉強にもなりますし癒し効果があるのでストレス発散にも良く、多くの人が持つ趣味の一つですが何時間も読書をしているとどうしても目が疲れてしまいます。

 

酷い時には目の奥が痛くなったり頭痛がしたり…肩や首も同時に凝って痛い…なんてことも。

 

それは、読書をする環境があまり良くないために必要以上に体に負担がかかっているからかもしれません。

 

大好きな読書、受験や資格取得のための勉強をストレスなく続ける為にも一度本を読む環境を見直してみましょう。

 

このページでは、読書が趣味という方に目が疲れない、体への負担を最小限にして読書する方法についてご紹介したいと思います。

「目が疲れない・体への負担を最小限にする読書の方法」の続きを読む…

昔から、十分に明るくない薄暗いところで本を読んだりテレビを見たりすると目が悪くなると言われます。

 

子供の頃、学生の頃に両親や祖父母にそう指摘された経験がある人も多いのではないでしょうか。
しかし、実は薄暗いところで物を見るのが視力低下につながるという医学的根拠はないとも言われています。

 

そこで、このページでは暗いところで物を見ると目が悪くなるというのは迷信なのか、疲れ目を防ぐ対策、デスクライトに取り入れると良い高演色LEDなどについてご紹介したいと思います。

「「暗いところで物を見ると目が悪くなる」は迷信?疲れ目になるのは事実」の続きを読む…

人それぞれ色々な趣味があると思いますが、大抵の趣味は目を酷使するものが多いのではないでしょうか。

 

読書に映画、ゲームにパソコン…どれも目をよく使うものばかりですね。

 

目の疲れを少しでも解消するための対策の一つとして、あまり目を酷使しない趣味を持つというのも良いでしょう。

 

特に、日頃仕事でパソコンを使ったり書類に目を通す作業が多く目が疲れやすい人、眼精疲労になりやすい人は少しでも目を休ませてあげることが何よりの治療になります。

 

そこで、このページでは眼精疲労になりにくい目を酷使しない趣味についてご紹介したいと思います。

「疲れ目対策にもなる「目を酷使しない趣味」ってどんなものがある?」の続きを読む…