目が昔からかなり悪くずっとメガネをかけてきたという人も、途中からコンタクトレンズに切り替えた人も出来れば裸眼で目が見えるようになったら…と思ったことは何度もあると思います。

 

今はレーシックの治療が一般的になったので、気軽に受けて視力矯正する人は多くなりましたがそれでも色々なリスクを考えるとなかなか踏み出せない人も居るでしょう。

 

もし受けてみて時間が経ってからまた近視が戻ったらどうしようとか、乱視になったらどうしようとか、感染症の心配など…色々あると思います。

 

レーシックは角膜を削るので一度受けたら元には戻すことが出来ないというのが最大のデメリットだと思いますが、レーシックに代わってリスクが少ない治療としてICLが広まりつつあります。

 

そこで今回はICLの特徴や手術の内容、IOLとの違いやメリットとデメリットについてご紹介していきたいと思います。

「ICLのメリットとデメリットとは?IOLとの違いはなに?」の続きを読む…