眼精疲労になると、眼科で眼圧検査をした時に高い数値が出ることがありそれによって緑内障が疑われる場合があります。

 

緑内障は、40代以降に発症することが多い「視野が少しずつ欠けていく病気」。

 

眼圧が正常なのに緑内障になることもあるんですが(正常眼圧緑内障)、眼圧が高い場合は一般的には緑内障が疑われることが多いです。

 

しかし、眼精疲労の場合実は緑内障で眼圧が高くなっているわけではなく筋肉の硬直によって一時的に眼圧が高くなっていることがあります。
この場合は、眼精疲労の治療を行うことでまた眼圧が正常に戻ることがあります。

 

そこでこのページでは、眼精疲労で眼圧が高くなる理由と気を付けることなどについてご紹介していきたいと思います。

「眼精疲労になると眼圧検査で高い数値が出る理由と気を付けること」の続きを読む…