寝ている時に一時的に無呼吸状態になっている時がある、「睡眠時無呼吸症候群」

 

一般的には中高年代の男性に多いと言われていますが、女性でも若い人でもなります。

 

寝ている時に起こる症状なので自分で気付くケースは少なく、家族など周りの人に指摘されて初めてわかるというケースがほとんどです。

 

そのため、症状がある事にすら気づかずに過ごしてしまっているケースも少なくありません。

 

睡眠時無呼吸症候群が原因で眼精疲労が起こることもあるので、日中目が疲れやすい人、起床時に目の乾きを感じやすい人は特にその可能性があります。

 

自分はどうなのか、確認するためにまずはセルフチェックをしてみましょう。

「眼精疲労の原因になる睡眠時無呼吸症候群のセルフチェックリスト」の続きを読む…