最近はパソコンを日常的に使う人が多いので、若い世代でも眼精疲労になる人が多くなっています。

 

色々な対策がありますが、長時間パソコンを見ることが多いという人向けに眼精疲労型の累進屈折レンズが販売されるようになってから流行しています。

 

パソコンを見ているとどうしても目が疲れてしまう…という人は普段用のメガネとパソコン用のメガネを使い分けるのも良いですが、一つのメガネで奥の方も近くも見える累進屈折レンズを導入してみるのも良いでしょう。

 

このページでは、眼精疲労型累進屈折レンズはどんなものか、遠近両用レンズとの違いなどについてご紹介したいと思います。

「眼精疲労型累進屈折レンズとは?遠近両用との違いは?」の続きを読む…